石油火力発電燃料代(C重油、2011年10~12月)

 12月28日付石油通信社deブログに、JX日鉱日石エネルギーが電力大手などと合意した、10~12月のC重油価格が掲載されていたので、発電用燃料単価換算額を算出した。
 低硫黄C重油1キロリットルあたり66,340円とあり、毎回の方法で計算した結果、16.10円/kWh(CO2排出価格0.59円/kWhを加算すると16.69円/kWh) となった。

続きを読む "石油火力発電燃料代(C重油、2011年10~12月)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月の石油火力燃料代

 ボイラー焚き火力については、日経商品欄(スポット)から10月末の低硫黄C重油価格で計算し、ディーゼル火力については同じくA重油価格を使います。

[算出結果]
 ボイラー焚きは、C重油価格56,750円/kLとして、13.77円/kWh(CO2排出費用0.63円/kWhを加算すると、14.40円/kWh)となりました。
 ディーゼル発電は、A重油価格65,000円/kLとして、15.75円/kWh(CO2排出費用0.58円/kWhを加算すると、16.33円/kWh)となりました。ディーゼルがボイラー焚きより安い状況がしばらく続きましたが、元に戻りました。

続きを読む "2011年11月の石油火力燃料代"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月の石油火力燃料代

 ボイラー焚き火力については、日経商品欄(スポット)から10月末の低硫黄C重油価格で計算し、ディーゼル火力については同じくA重油価格を使います。

[算出結果]
 ボイラー焚きは、C重油価格56,750円/kLとして、13.77円/kWh(CO2排出費用0.76円/kWhを加算すると、14.54円/kWh)となりました。
 ディーゼル発電は、A重油価格61,500円/kLとして、14.90円/kWh(CO2排出費用0.70円/kWhを加算すると、15.60円/kWh)となりました。ディーゼルがボイラー焚きより安い状況が続いています。
 円高が進み油価が下がったのが効いています。とくにC重油が大きく下がり、ディーゼルよりボイラー焚きの方が安くなりました。電力会社は一息ついていることと思います。
 ただ、冬の需要期に再び高騰する可能性もありますね。

続きを読む "2011年10月の石油火力燃料代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石油火力発電燃料代(C重油、7~9月)

 9月28日付日経商品欄に、JX日鉱日石エネルギーが電力大手などと合意した、7~9月のC重油価格が掲載されていたので、発電用燃料単価換算額を算出した。
 低硫黄C重油が1キロリットルあたり68,890円と記載されており、同紙7月29日付記事の71,800円からだいぶ値下げしたようだ(後付けの価格調整、何とよぶんだっけか?)。
 結果、16.72円/kWh(CO2排出価格0.84円/kWhを加算すると17.56円/kWh) と算出された。

続きを読む "石油火力発電燃料代(C重油、7~9月)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月の石油火力燃料代

 ボイラー焚き火力については、先月と同じくJX日鉱日石エネルギーの7-9月期大口向け低硫黄C重油価格で計算し、参考までにスマトラライトの場合の価格も出します。ディーゼル火力については国内のA重油スポット取引価格を使います。

[算出結果]
 C重油価格71,800円/kLとして、17.43円/kWh(CO2排出費用1.05円/kWhを加算すると、18.48円/kWh)となりました。
 スマトラライトを想定すると、15.29円/kWh(同、16.26円/kWh)となりました。原油がC重油より安い状況が続いています。

 ディーゼル発電を想定してA重油で計算すると、A重油価格60,000円/kLとして、14.54円/kWh(CO2排出費用0.96円/kWhを加算すると、15.50円/kWh)となりました。ディーゼルがボイラー焚きより安い状況が続いています。

続きを読む "2011年8月の石油火力燃料代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月の石油火力燃料代

 今回は、JX日鉱日石エネルギーの7-9月期大口向け低硫黄C重油価格で計算します(8・9月もその予定)。また、ボイラー焚き石油火力発電効率(送電端)は、今回から36%にします。ディーゼルは38%のままです。

[算出結果]
 C重油価格71,800円/kLとして、17.43円/kWh(CO2排出費用1.02円/kWhを加算すると、18.44円/kWh)となりました。後で説明しますが、フクイチ後の石油火力燃料はかなり高くなっているようです。

 ディーゼル発電を想定してA重油で計算すると、A重油価格64,500円/kLとして、15.63円/kWh(CO2排出費用0.93円/kWhを加算すると、16.56円/kWh)となりました。
【追記】:スマトラライトを想定すると、15.29円/kWh(16.26円/kWh)となりました。

 6月の計算まではスポット取引価格を使っていましたが、今回はC重油について元売りの大口向け販売価格を採用(A重油は従前通り)し、これがスポット物よりかなり高かったため、上記のようにボイラー焚きが割高になっています。(理由は後述)

続きを読む "2011年7月の石油火力燃料代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石油火力発電燃料代の計算方法

 本ブログでは毎月石油火力発電の燃料代を算出している。その算出方法やデータの使い方について、説明します。

続きを読む "石油火力発電燃料代の計算方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月の石油火力発電燃料代

 今回は、スマトラライト原油、C重油、そして新たにA重油で計算することにします。
 スマトラライト価格は、7月2日付け日経商品欄から、6月積みDD価格。C重油とA重油は、同欄の主要相場価格から最近の価格。
 今回からボイラー焚き(原油・C重油)の発電効率を下げました(38%⇒37%)。発電効率想定については近々別記事で説明する予定ですが、これまでは少し高めにしていたのをより現実的な数値まで下げようと考えています。最終的には36%とか35%に下げるかもしれませんが、今回はとりあえず37%にしています。【その後別記事に書いたように、37%ではなく、35%が妥当と判断し修正しました】。
 ディーゼル(A重油)の方は38%のまま。これは某発電所の実績値から取った数字です。

続きを読む "2011年6月の石油火力発電燃料代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月頃の石炭火力発電燃料代(旧聞ですが)

 これまで石油価格だけに注目していたが、ついでに石炭火力の計算もしてほしいというリクエストがあったので、同様の手法で算出します。
 石炭価格は長期契約で年決めが多い(最近は短縮の方向)ようなので、使える数字があまり頻繁に出ません。最近では2011/4/6の日経の、トンあたり130ドルという金額をメモしていたので、そこから出発です(どういう期間のどういう契約だったかはメモしていず、詳細はご容赦を)。CO2価格は当時の欧州相場から15.5E/t-CO2とします。
 結果として、燃料代だけで3.54円/kWh、CO2価格込みで4.98円/kWhです。石油の3分の1ですね。

続きを読む "3月頃の石炭火力発電燃料代(旧聞ですが)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月の石油火力発電燃料代

 今回は、スマトラライト原油、C重油、そして新たにA重油で計算することにします。
 スマトラライト価格は、6月2日付け日経商品欄から、5月積みDD価格。C重油とA重油は、同欄の主要相場価格から。
 今回からA重油を入れることにした理由は、ここまで石油が高くなると、ボイラー焚き(出力調整に不向き)の意味がなくなり、ディーゼルで使うモデルの方が現実的と考えたからです。

続きを読む "2011年5月の石油火力発電燃料代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)