« 2014年1月 | トップページ | 2014年8月 »

FITの認定出力と運転開始出力の推移(グラフ集)

 1つ前の記事『FITの認定出力・運用開始出力の見方(太陽光発電への批判に関連して)』で、太陽光発電以外についてはリードタイムが長いので現時点の時系列データを分析するのは時期尚早という趣旨のことを書いた。
 とはいえ、エネ庁からはFIT対象エネルギー源別に各月末の数値が公表されており、それをもとにしたグラフはすでに作成してある。
 読者のご参考までに、分析抜きでグラフのみを以下に示すことにした。なお、以下3点にご注意いただきたい。

・一部特記した図以外はすべて合計出力ベースである。
・「以下」「未満」の使い分けが正しくない部分がある(細かいことなので気にしていない)
・バイオマスについてはバイオガスのみを示した(それ以外はいろいろ複雑なので)

続きを読む "FITの認定出力と運転開始出力の推移(グラフ集)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FITの認定出力・運用開始出力の見方(太陽光発電への批判に関連して)

 FIT(固定価格買取制度)の運用面で、とくに太陽光発電で「枠取り」が多いのではないかという批判が出ている。
 表1は経産省が公表している2014年3月末時点での、FIT認定量と導入量(運転開始した出力合計)を示したものだ。この中の太陽光発電(非住宅用)について、FIT導入後2年度の導入量合計が約644万kW(70.4+573.5)なのに対して、認定容量はその約10倍の約6304万kWにのぼっており、その相当部分が「枠取り」ではないかという疑念が持たれているのである。

表1 再生可能エネルギー発電設備の導入状況
1

[出典1]
経済産業省「なっとく!再生可能エネルギー」の固定買取価格ページ
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/index.html#setsubi
から、2014年3月末のpdf表を抜粋したもの。このページでは集計が整い次第月々のデータが更新されている。

続きを読む "FITの認定出力・運用開始出力の見方(太陽光発電への批判に関連して)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下司の勘ぐり

 下司さんという方と知り合ったことがきっかけで、「下司(下衆)の勘ぐり」という言葉が気になり、ちょっと調べた。

続きを読む "下司の勘ぐり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年8月 »