« Windows から Vine Linux への移行(その5) | トップページ | Windows から Vine Linux への移行(その7) とりあえず挫折 »

Windows から Vine Linux への移行(その6)

 Ruby/Tk の問題は後回しにして、できることから手を付けることにした。
 連載「その3」で書いた課題のうち、(3)ファイル同期環境については、文書管理システム(Ruby/Tk で書いた)が動かないとやる気にならないので後回し。(4)日用ソフトの動作確認も、ファイル同期のテストをしてからでないとやる気にならないので後回し。日本語変換は、この文章を書きながらすでに使えている(IBus なる変換ソフトがデフォルトだった)ので、とりあえずこのままで作業する(ATOK X3 もインストール済みのように見えるので、あとで実験する)。
 ということで、以下、(6) Wine のテスト。

 Windows 用ソフトの中で、必要度が高いのは「縮小専用。」「やさしく名刺ファイリング」「ラベル屋さんHOME」「乗換案内」といったところ。あと、「数値地図」も動くと嬉しい。「pdfsam」は、動かなかったら Linux 版が(同一機能の違うソフトでもいいから)ありそうな気がする。

 最初のほうで書いたように、Linux 起動時に Windows パーティションもマウントされているので、そのパーティションに置かれている exe ファイルを「ファイルブラウザ」で右クリックして動かす、ということを、それぞれのソフトについて実行してみることにした。

○縮小専用。
 Vine のファイルブラウザからドラッグアンドドロップで操作して、問題なく動作した。ドラッグアンドドロップが無事に使えてよかった。

○やさしく名刺ファイリング
 ライセンスを要求された。Windows 上では問題なく使えているので、Vine からライセンス情報にアクセスできないのであろう。バージョンも上がっているようなので、購入を検討する。

○ラベル屋さんHOME
 初期画面で砂時計マウスがチラチラし、起動に時間がかかる。印刷ができなかった(真っ黒なページが印刷された)。
 Web 版が提供されるようになったので、そちらに切り替えることにした。ただし、今あるファイルデータは使えないとのこと。

○乗換案内
 動作はするが、正しく表示されない部分がある。フォントに問題がありそう。とりあえず使えるが継続的検討が必要。
 
○pdfsam
 Linux 版をダウンロードしてインストールし、正常に動作した。なぜかフォントが薄いのが気になる。
 ダウンロードするのは zip ファイルで、それをインストール先で解凍。doc/pdfsam-1.1.0-tutorial.pdf に書かれている方法(コンソールで、jawa コマンドを使って起動する)で起動したもの。
 ダウンロードファイルが置かれていたサイトはここ:http://sourceforge.jp/projects/sfnet_pdfsam/releases/

以上が動作確認の結果。
(2013/03/28 14:05)

|

« Windows から Vine Linux への移行(その5) | トップページ | Windows から Vine Linux への移行(その7) とりあえず挫折 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/57049163

この記事へのトラックバック一覧です: Windows から Vine Linux への移行(その6):

« Windows から Vine Linux への移行(その5) | トップページ | Windows から Vine Linux への移行(その7) とりあえず挫折 »