« エントロピー概念でエネルギー問題を分析する場合に2つの視座がある | トップページ | Windows から Vine Linux への移行(その5) »

Windows から Vine Linux への移行(その4)

 Ruby2.0 の導入で行き詰まった。一昨日の話。
 しかし、頭を冷やして間を起き、今日もう一度やったら今度はうまくいった。なぜ??

 まあ、とりあえず Ruby 2.0.0 の導入はうまく行った、ということで、次のステップに進むことにする。
 インストールの状況をご覧になりたい方は「続きを見る」をどうぞ。

 一昨日行ったのは、以下の作業。

 Ruby のインストール(バージョン管理)には rbenv を使うことにした。
 Vine Linux のシステムメニューにある「Synaptic パッケージマネージャ」で「カスタム」のリストを見ると、ruby-build と rbenv が登録されていたので、それぞれのパッケージをインストール。これは順調に終了。
 rbenv を使って Ruby2.0 をインストールし、2.0 をグローバル設定するところまでやった。rbenv は仕事した気になっている(ように見える)。これもオーケー。

 しかし、ruby -v (バージョン表示)を実行すると、1.8.7 だと言われてしまう。
 なぜだ、、?

 そこで今日、一旦頭を冷やし、2.0.0-p0 を一旦アンインストール。そしてもう一度以下の手順で実行:

【以下、ターミナル画面】
[dai@localhost ~]$ rbenv install 2.0.0-p0
Downloading ruby-2.0.0-p0.tar.gz...
-> http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p0.tar.gz
Installing ruby-2.0.0-p0...
Installed ruby-2.0.0-p0 to /home/dai/.rbenv/versions/2.0.0-p0

[dai@localhost ~]$ rbenv versions
* system (set by /home/dai/.rbenv/version)
2.0.0-p0
[dai@localhost ~]$ rbenv rehash
[dai@localhost ~]$ rbenv global 2.0.0-p0
[dai@localhost ~]$ rbenv versions
system
* 2.0.0-p0 (set by /home/dai/.rbenv/version)
[dai@localhost ~]$ ruby -v
ruby 2.0.0p0 (2013-02-24 revision 39474) [x86_64-linux]
[dai@localhost ~]$
【ここまでターミナル画面】

 ちゃんとバージョンが 2.0.0-p0 になっている。
 おとといのトラブルは何だったのだろう? 「rbenv init - 」とかを勝手に実行したのがいけなかったのかもしれない。う〜ん、、

【追記】
■ 以上の作業で参考にしたブログ
http://kazu69.net/blog/tec/1184
http://blog.happyelements.co.jp/2012/10/rbenv.html
http://ikeay.net/182
 とくに3つ目のブログには、今回トラブった問題=rbenv 上で選択したバージョンと、実際のコマンドで動作するバージョンが異なる(ruby -v を実行するとわかる)問題についての記述があったことを特記しておく。

|

« エントロピー概念でエネルギー問題を分析する場合に2つの視座がある | トップページ | Windows から Vine Linux への移行(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/57044355

この記事へのトラックバック一覧です: Windows から Vine Linux への移行(その4):

« エントロピー概念でエネルギー問題を分析する場合に2つの視座がある | トップページ | Windows から Vine Linux への移行(その5) »