« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

FITへの建設的批判にのぞまれる論点整理

 今年7月1日に施行されたFIT法について、本ブログでこれまで何度も私見を述べてきた。
 それがようやくスタートして、自分の専門分野である小水力発電の開発に注力しているところだが、同時に、買取りの設定価格等に対する批判も耳にするようになった。
 本ブログでも書いたように、FITという制度で最も重要なのはチューニングであり、批判が存在することには大きな意義がある。しかしながら、批判の矛先がずれた方に向かうと非生産的な議論に陥る可能性もある。
 そこで、FIT制度を批判する際の論点の位置づけを整理することにする。

続きを読む "FITへの建設的批判にのぞまれる論点整理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『革新的エネルギー・環境戦略』を評価する

 2012年9月14日にエネルギー・環境会議が決定した『革新的エネルギー・環境戦略』(http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120914/20120914_1.pdf)を読んだ。この内容は高く評価していいと思う。「まず原発ありき、ほかはおざなりに」の政策からようやく脱したと言えるからである。

続きを読む "『革新的エネルギー・環境戦略』を評価する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »