« 「放射能」という言葉の使い方について | トップページ | 意訳にもなっている音写 »

石油火力発電燃料代(C重油、2011年10~12月)

 12月28日付石油通信社deブログに、JX日鉱日石エネルギーが電力大手などと合意した、10~12月のC重油価格が掲載されていたので、発電用燃料単価換算額を算出した。
 低硫黄C重油1キロリットルあたり66,340円とあり、毎回の方法で計算した結果、16.10円/kWh(CO2排出価格0.59円/kWhを加算すると16.69円/kWh) となった。

【算出根拠】
・C重油価格:66,340円/kl 12月28日付石油通信社deブログに記載された、JX日鉱日石エネルギーと電力大手などとの合意価格(10~12月期分)
  出典: http://sekiyutsushin.de-blog.jp/blog/2011/12/031012_3159.html
・CO2排出価格:7.96ユーロ/t-CO2(ICEの最新データ=2012年12月決済ものの12月30日取引金額)
  出典: https://www.theice.com/marketdata/reports/ReportCenter.shtml
・ユーロ価格:103.53円/ユーロ(税関長公示の12月平均価格)
  出典: http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/kawase/index.htm
・発電効率:38% 想定値
・原油発熱量:41.2MJ/L エネ庁「エネルギー源別標準発熱量表」中、 「参考表」の発電用C重油の値
  出典: http://www.enecho.meti.go.jp/info/statistics/jukyu/resource/pdf/070601.pdf

【単位換算係数】
・熱量と電力量:3.6 MJ/kWh

|

« 「放射能」という言葉の使い方について | トップページ | 意訳にもなっている音写 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/53703644

この記事へのトラックバック一覧です: 石油火力発電燃料代(C重油、2011年10~12月):

« 「放射能」という言葉の使い方について | トップページ | 意訳にもなっている音写 »