« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月の石油火力燃料代

 ボイラー焚き火力については、日経商品欄(スポット)から10月末の低硫黄C重油価格で計算し、ディーゼル火力については同じくA重油価格を使います。

[算出結果]
 ボイラー焚きは、C重油価格56,750円/kLとして、13.77円/kWh(CO2排出費用0.76円/kWhを加算すると、14.54円/kWh)となりました。
 ディーゼル発電は、A重油価格61,500円/kLとして、14.90円/kWh(CO2排出費用0.70円/kWhを加算すると、15.60円/kWh)となりました。ディーゼルがボイラー焚きより安い状況が続いています。
 円高が進み油価が下がったのが効いています。とくにC重油が大きく下がり、ディーゼルよりボイラー焚きの方が安くなりました。電力会社は一息ついていることと思います。
 ただ、冬の需要期に再び高騰する可能性もありますね。

続きを読む "2011年10月の石油火力燃料代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »