« 電力インフラ整備に民間資金を誘導する制度 | トップページ | 石油火力発電燃料代(C重油、7~9月) »

2011年8月の石油火力燃料代

 ボイラー焚き火力については、先月と同じくJX日鉱日石エネルギーの7-9月期大口向け低硫黄C重油価格で計算し、参考までにスマトラライトの場合の価格も出します。ディーゼル火力については国内のA重油スポット取引価格を使います。

[算出結果]
 C重油価格71,800円/kLとして、17.43円/kWh(CO2排出費用1.05円/kWhを加算すると、18.48円/kWh)となりました。
 スマトラライトを想定すると、15.29円/kWh(同、16.26円/kWh)となりました。原油がC重油より安い状況が続いています。

 ディーゼル発電を想定してA重油で計算すると、A重油価格60,000円/kLとして、14.54円/kWh(CO2排出費用0.96円/kWhを加算すると、15.50円/kWh)となりました。ディーゼルがボイラー焚きより安い状況が続いています。

[算出根拠となるデータ]
 C重油価格71,800円/kLは、7/29付日経商品欄掲載の、JX日鉱日石エネルギーの7-9月期大口向け低硫黄C重油価格。A重油価格64,500はこれまでどおり、日経掲載の最近のスポット価格からの高値(月前半が高かったから)。私が現在持っているもっとも直接的な情報。
 スマトラライト価格は日経商品欄(日付はメモし忘れたが、多分9/2)から。
 A重油価格は日経商品欄の8月下旬の金額(上中旬が高かったので、高値の方)。
 CO2排出費用は、ICE(※1)が公表している欧州市場の最新データ(2011年12月決済ものの8/31日取引金額)12.31E/tCO2。
 ユーロ価格は財務省統計(※2)から8月の平均値111.30円/E。

[算出方法]
 算出方法については、別記事「石油火力発電燃料代の計算方法」に掲載。

※関連リンク
※1 ICEデータベース(トップページ)
https://www.theice.com/marketdata/reports/ReportCenter.shtml
※2 財務省統計外国為替相場(トップページ)
http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/kawase/index.htm

|

« 電力インフラ整備に民間資金を誘導する制度 | トップページ | 石油火力発電燃料代(C重油、7~9月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/52709839

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年8月の石油火力燃料代:

« 電力インフラ整備に民間資金を誘導する制度 | トップページ | 石油火力発電燃料代(C重油、7~9月) »