« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の石油火力燃料代

 今回は、JX日鉱日石エネルギーの7-9月期大口向け低硫黄C重油価格で計算します(8・9月もその予定)。また、ボイラー焚き石油火力発電効率(送電端)は、今回から36%にします。ディーゼルは38%のままです。

[算出結果]
 C重油価格71,800円/kLとして、17.43円/kWh(CO2排出費用1.02円/kWhを加算すると、18.44円/kWh)となりました。後で説明しますが、フクイチ後の石油火力燃料はかなり高くなっているようです。

 ディーゼル発電を想定してA重油で計算すると、A重油価格64,500円/kLとして、15.63円/kWh(CO2排出費用0.93円/kWhを加算すると、16.56円/kWh)となりました。
【追記】:スマトラライトを想定すると、15.29円/kWh(16.26円/kWh)となりました。

 6月の計算まではスポット取引価格を使っていましたが、今回はC重油について元売りの大口向け販売価格を採用(A重油は従前通り)し、これがスポット物よりかなり高かったため、上記のようにボイラー焚きが割高になっています。(理由は後述)

続きを読む "2011年7月の石油火力燃料代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尿中の放射能濃度データの使い方

 尿中の放射性セシウムに関する先の論考を書いてから、ふと思った。サーベイメーターの積分回路と人体は類似の積分装置として機能している。つまり
 GM管(パルス信号)->積分回路-> 針式電流計
 経口摂取(変動量)-> 人体 -> 尿の放射能濃度
というメカニズムだ。
 この着想をもとに、食品の放射能汚染が避けられない状況下での安全管理について少々考えてみた。

続きを読む "尿中の放射能濃度データの使い方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円安になると電気料金はどうなる

 自然エネルギーの固定価格買取法案に関連して、これによって電気料金がどれだけ高くなるかの議論が始まっている。とりあえず、0.5円/kWhあたりが一つの目安として浮上したようだ。
 一方、日経の「社長100人アンケート」が7/15付同紙朝刊1面に掲載されていた。ここで望ましい為替レートについて、52.9%が「1ドル85円以上95円未満」を選んだそうだ。今より10円前後の円安が望ましいということだ。
 円安を望むと言うことは、電気料金が高くなってもかまわないと言うことだ。そこで10円の円安が電気料金にどれくらい影響するか、検討してみた。

続きを読む "円安になると電気料金はどうなる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尿中の放射能濃度と体内被曝量(セシウム137の場合)

 福島県内の子どもの尿から放射性セシウムが検出されたという報道を見た。当然内部被曝を起こしているわけだが、それがどの程度の量か気になったので概算してみた。
 結論を先に書くと、大きな問題になるような量ではないだろう、ということになる。

 もとの記事は下記(読売オンライン):
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110701-OYT1T00099.htm?from=tw

続きを読む "尿中の放射能濃度と体内被曝量(セシウム137の場合)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

覚え書き:産業用電気料金はいくらぐらいならいいのか

 産業用の電気料金が上がると国外に逃げ出してしまい、国内産業が空洞化すると主張する人が結構多い。本当だろうか?

続きを読む "覚え書き:産業用電気料金はいくらぐらいならいいのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石油火力発電燃料代の計算方法

 本ブログでは毎月石油火力発電の燃料代を算出している。その算出方法やデータの使い方について、説明します。

続きを読む "石油火力発電燃料代の計算方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚染された汚泥を肥料に使ってはいけない

 これは日本というブランド価値の問題。
 文章にするのがちょっとしんどいので、ツイッターのまとめで失礼します。

続きを読む "汚染された汚泥を肥料に使ってはいけない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月の石油火力発電燃料代

 今回は、スマトラライト原油、C重油、そして新たにA重油で計算することにします。
 スマトラライト価格は、7月2日付け日経商品欄から、6月積みDD価格。C重油とA重油は、同欄の主要相場価格から最近の価格。
 今回からボイラー焚き(原油・C重油)の発電効率を下げました(38%⇒37%)。発電効率想定については近々別記事で説明する予定ですが、これまでは少し高めにしていたのをより現実的な数値まで下げようと考えています。最終的には36%とか35%に下げるかもしれませんが、今回はとりあえず37%にしています。【その後別記事に書いたように、37%ではなく、35%が妥当と判断し修正しました】。
 ディーゼル(A重油)の方は38%のまま。これは某発電所の実績値から取った数字です。

続きを読む "2011年6月の石油火力発電燃料代"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »