« 放射線防護に関する覚え書き | トップページ | 汚染された汚泥を肥料に使ってはいけない »

2011年6月の石油火力発電燃料代

 今回は、スマトラライト原油、C重油、そして新たにA重油で計算することにします。
 スマトラライト価格は、7月2日付け日経商品欄から、6月積みDD価格。C重油とA重油は、同欄の主要相場価格から最近の価格。
 今回からボイラー焚き(原油・C重油)の発電効率を下げました(38%⇒37%)。発電効率想定については近々別記事で説明する予定ですが、これまでは少し高めにしていたのをより現実的な数値まで下げようと考えています。最終的には36%とか35%に下げるかもしれませんが、今回はとりあえず37%にしています。【その後別記事に書いたように、37%ではなく、35%が妥当と判断し修正しました】。
 ディーゼル(A重油)の方は38%のまま。これは某発電所の実績値から取った数字です。

[算出結果]
 スマトラライト:14.50円/kWh(二酸化炭素排出費用1.00円/kWhを加算すると15.49円/kWh)
  35%で再計算:15.33円/kWh(同1.05円/kWhを加算すると16.38円/kWh)
 C重油:14.52円/kWh(二酸化炭素排出費用1.04円/kWhを加算すると15.57円/kWh)
  35%で再計算:15.35円/kWh(同1.10円/kWhを加算すると16.46円/kWh)
 A重油:15.99円/kWh(二酸化炭素排出費用0.98円/kWhを加算すると16.98円/kWh)
  ディーゼル発電の想定には変更なし。

【算出根拠】
・スマトラライト価格:115.32ドル/kl 7月2日付日経商品欄に掲載されたDD原油価格
・C重油価格:61,500円/kl 日経に掲載されている、東京市場の5月下旬の価格(下値/上旬が安かったから)
・A重油価格:66,000円/kl 日経に掲載されている、東京市場の5月下旬の価格(上値/上旬が高かったから)
・二酸化炭素排出費用:12.93ユーロ/トンCO2 EU取引所データから、6/30の、2011年12月決済もの
https://www.theice.com/marketdata/reports/ReportCenter.shtml
・ドル・ユーロ相場: 80.94円/ドル、115.95円/ユーロ 税関長公示レートの月平均値(2011年6月)
http://www.customs.go.jp/tetsuzuki/kawase/index.htm
・ボイラー焚き石油火力の発電効率:37% 送電端、暫定値 ⇒ 35%に変更
・ディーゼル石油火力の発電効率:38%  送電端、某発電所の実績値
・原油発熱量:39.4MJ/L、 C重油発熱量:41.2MJ/L、A重油発熱量:39.1MJ/L エネ庁「エネルギー源別標準発熱量表」(発電用原油と発電用C重油は「参考表」)
http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0001414/2/0330kakuho2.pdf

【単位換算係数】
・熱量と電力量:3.6 MJ/kWh

|

« 放射線防護に関する覚え書き | トップページ | 汚染された汚泥を肥料に使ってはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/52098674

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月の石油火力発電燃料代:

« 放射線防護に関する覚え書き | トップページ | 汚染された汚泥を肥料に使ってはいけない »