« 2011年5月の石油火力発電燃料代 | トップページ | 放射線防護に関する覚え書き »

3月頃の石炭火力発電燃料代(旧聞ですが)

 これまで石油価格だけに注目していたが、ついでに石炭火力の計算もしてほしいというリクエストがあったので、同様の手法で算出します。
 石炭価格は長期契約で年決めが多い(最近は短縮の方向)ようなので、使える数字があまり頻繁に出ません。最近では2011/4/6の日経の、トンあたり130ドルという金額をメモしていたので、そこから出発です(どういう期間のどういう契約だったかはメモしていず、詳細はご容赦を)。CO2価格は当時の欧州相場から15.5E/t-CO2とします。
 結果として、燃料代だけで3.54円/kWh、CO2価格込みで4.98円/kWhです。石油の3分の1ですね。

【算出根拠】
・石炭価格:130ドル/t 4月6日付日経記事(詳細はメモしていない)
・二酸化炭素排出費用:15.50ユーロ/トンCO2 EU取引所データから、当時の、2011年12月決済もの(同上)
・ドル・ユーロ相場: 82.35円/ドル、113.60円/ユーロ 税関長公示レートの月平均値(2011年3月)
・石炭火力の発電効率:40% 送電端、想定値(最新型は42%くらいかもしれないが、旧型も多く、とりあえず)
・石炭発熱量:27.2GJ/t、 エネ庁「エネルギー源別標準発熱量表」より無煙炭の値

【単位換算係数】
・熱量と電力量:3.6 MJ/kWh

|

« 2011年5月の石油火力発電燃料代 | トップページ | 放射線防護に関する覚え書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/51957193

この記事へのトラックバック一覧です: 3月頃の石炭火力発電燃料代(旧聞ですが):

« 2011年5月の石油火力発電燃料代 | トップページ | 放射線防護に関する覚え書き »