« サーベイメーターを使った計測に関する考察(福島原発事故について) | トップページ | 3月頃の石炭火力発電燃料代(旧聞ですが) »

2011年5月の石油火力発電燃料代

 今回は、スマトラライト原油、C重油、そして新たにA重油で計算することにします。
 スマトラライト価格は、6月2日付け日経商品欄から、5月積みDD価格。C重油とA重油は、同欄の主要相場価格から。
 今回からA重油を入れることにした理由は、ここまで石油が高くなると、ボイラー焚き(出力調整に不向き)の意味がなくなり、ディーゼルで使うモデルの方が現実的と考えたからです。

[算出結果]
 スマトラライト:14.53円/kWh(二酸化炭素排出費用0.99円/kWhを加算すると15.52円/kWh)
 C重油:14.37円/kWh(二酸化炭素排出費用1.03円/kWhを加算すると15.41円/kWh)
 A重油:16.23円/kWh(二酸化炭素排出費用1.00円/kWhを加算すると17.23円/kWh)
 ということで、2011年4月の石油火力の燃料代(CO2込み)は16.4円/kWh程度となります。

【算出根拠】
・スマトラライト価格:117.89ドル/kl 6月2日付日経商品欄に掲載されたDD原油価格
・C重油価格:62,500円/kl 日経に掲載されている、東京市場の5月下旬の価格(上値/先月から下落傾向にあるから)
・A重油価格:67,000円/kl 日経に掲載されている、東京市場の5月下旬の価格(同上)
・二酸化炭素排出費用:12.92ユーロ/トンCO2 EU取引所データから、直近の、2011年12月決済もの
・ドル・ユーロ相場: 81.51円/ドル、118.20円/ユーロ 税関長公示レートの月平均値(2011年5月)
・ボイラー焚き石油火力の発電効率:38% 送電端、想定値
・ディーゼル石油火力の発電効率:38%  送電端、某発電所の実績値
・原油発熱量:39.4MJ/L、 C重油発熱量:41.2MJ/L、A重油発熱量:39.1MJ/L エネ庁「エネルギー源別標準発熱量表」(発電用原油と発電用C重油は「参考表」)

【単位換算係数】
・熱量と電力量:3.6 MJ/kWh

|

« サーベイメーターを使った計測に関する考察(福島原発事故について) | トップページ | 3月頃の石炭火力発電燃料代(旧聞ですが) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/51832368

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年5月の石油火力発電燃料代:

« サーベイメーターを使った計測に関する考察(福島原発事故について) | トップページ | 3月頃の石炭火力発電燃料代(旧聞ですが) »