« エネルギーが「再生可能」であることの物理的意味(2) | トップページ | エネルギーが「再生可能」であることの物理的意味(3) »

2011年4月の石油火力発電燃料代

 これまでアラビアンヘビーで計算してきましたが、C重油版で書いたようにC重油で計算するか、原油焚きだったらスマトラライトか何かで計算するのがいいようです。
 とりあえず、日経の商品欄に出ている製油所渡しのC重油価格の4月下旬の値(安値で65,500円/kl)と、アラビアンライト(ヘビーでなく)の2つで燃料原価を算出してみました。(スマトラライトの価格データを見つけたら、次回から参照します)。
 また、欧州の二酸化炭素市場も安定したようなので、それも算出します。
[算出結果]
 アラビアンライト:15.08円/kWh
 C重油:15.06円/kWh
 二酸化炭素排出費用:1.31円/kWh(上記燃料原価に加算)

 ということで、2011年4月の石油火力の燃料代(CO2込み)は16.4円/kWh程度となります。

【算出根拠】
・アラビアンライト価格:120.234ドル/kl 5月3日付日経商品欄に掲載されたDD原油価格
・C重油価格:65,500円/kl 日経に掲載されている、東京市場の4月下旬の価格(下値)
・二酸化炭素排出費用:17.18ユーロ/トンCO2 EU取引所データから、4月の最終日(4/29)における、2011年12月決済ものの金額
・ドル・ユーロ相場: 82.93円/ドル、118.05円/ユーロ 税関長公示レートの月平均値(2011年4月)
・発電効率:38% 想定値
・原油発熱量:39.4MJ/L, C重油発熱量:41.2MJ/L エネ庁「エネルギー源別標準発熱量表」中、 「参考表」の発電用原油・C重油の値

【単位換算係数】
・熱量と電力量:3.6 MJ/kWh

|

« エネルギーが「再生可能」であることの物理的意味(2) | トップページ | エネルギーが「再生可能」であることの物理的意味(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/51599257

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年4月の石油火力発電燃料代:

« エネルギーが「再生可能」であることの物理的意味(2) | トップページ | エネルギーが「再生可能」であることの物理的意味(3) »