« 南アワールドカップ敗退直後の感想 | トップページ | 論理的に明確なサッカー »

敵にパスをしてはいけない

 パラグアイに負けた理由、私の中では割と単純なので、それを書くことでワールドカップを忘れ、日常に戻ることにしよう。

 簡単なことだ。敵にパスをしてはいけない。

 オシムが導入した練習、カラフルなビブをつけた練習をあれだけこなしたのに、なぜ敵にパスをする?
 確かにワールドクラスの圧力は半端で無いのだろう。でも、敵にパスをしないことは、Jリーグでもトレーニングできるはずだ。中澤もトゥーリオも、Jリーガーの2人は1度も敵にパスしていない。

 奪われるのは仕方ない。自分がへただから。1対1で日本人がパラグアイ人よりへたなことは、誰もが知っている。
 1対1で負けるのがいやだからといって敵にパスするのは責任放棄だ。

 Jリーガーは大勢いるので、そういう責任放棄する弱さも仕方ない。けれど、代表に選ばれる23人の中に、敵にパスする選手がいるようでは、上にはいけない。

 こういう弱さとは決別しないといけない。自戒を込めて。

|

« 南アワールドカップ敗退直後の感想 | トップページ | 論理的に明確なサッカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/48755735

この記事へのトラックバック一覧です: 敵にパスをしてはいけない:

« 南アワールドカップ敗退直後の感想 | トップページ | 論理的に明確なサッカー »