« 負担と分担 | トップページ | 温暖化ガス排出量25%削減ですか?!(福田・麻生・鳩山首相の目標が指し示す道筋) »

「左翼」「右翼」という言葉を使うこと自体が詭弁だ

 市民運動の仲間は私が右翼だと思っているし、市民運動と縁のない人は、市民運動家である=左翼だと思っている。いったい私は右翼なのか、それとも左翼なのか?

 もーーー、忙しくて全然ブログを更新する余裕がない。本当は今もこんなこと書いてる暇はないのだけれど、精神衛生上たまには論説文を書きたいし、今回のネタはウラを取ったりデータを調べたりする必要がないので、勢いで書きます。

 「左翼」「右翼」という概念がばかばかしいものだと気付いたのは、大学に入り市民運動に参加するようになってから割りと早い頃だったと思う。多分、1984-5年頃。
 きっかけは、一緒に市民運動をしているおじさんたちの飲み会での会話でした。小松左京のやっていることが気にくわないということで、「あいつは小松左京じゃない、小松右京だ」と言って、どはどはっと笑う。
 ハァ、、、小松左京を右京と言い替えて批判した気になって笑うおじさんたち。当時学生でしたが、とってもついていけないと思いました。「左翼」「右翼」という言葉を使うこと自体、バカバカしいのではないか、と。

 中公新書に『詭弁論理学』(野崎昭弘)という名著があって、三段論法を使った典型的な詭弁として「媒概念あいまいの虚偽」が紹介されています。
・狼は四足で歩いてウォーと吠える
・男は狼である
・ゆえに男は四足で歩いてウォーと吠える
 三段論法の核になる概念、この場合では「狼」の定義があいまいであるため、おかしな結論に至ってしまったわけです。

 でもよく考えると、こういう論法は珍しくないですよね。

・アカは暴力革命を計画している
・あいつはアカである
・ゆえにあいつは暴力革命を計画している

 「媒概念あいまいの虚偽」などと難しい言葉を使うとなんのことかわからないけれど、わかりやすく言えば「レッテル張り」。要するにレッテル張りの詭弁なんですね。

 で、左翼右翼問題に戻ります。
 私自身は左翼でも右翼でもどっちでもかまわないので、私を左翼と、あるいは右翼と呼ぶのであれば、左翼・右翼という言葉をきちんと定義してから使ってほしい。もしその定義があいまいだったら、あなたは「媒概念あいまいの虚偽」という詭弁を弄している。

 もう少し話を進めます。この詭弁は思考停止と関係している。

 河野太郎さん(衆議院議員)のブログに名言がありました。「結論がわかっていないと議論ができない国会議員」。
 結論を出すために議論するのではなく、結論が出るまでは恐くて議論ができず、出たら安心して議論を始める。

 左翼右翼問題にも似たような、思考停止のにおいがします。私が左翼なのか右翼なのかがわからないと話をしづらい。
 いや別に、私は私であって、それを左翼と決めるか、それとも右翼と決めるかは、あなたの判断なんですけどねぇ。左翼か右翼かが決まらないとしゃべれませんか?

|

« 負担と分担 | トップページ | 温暖化ガス排出量25%削減ですか?!(福田・麻生・鳩山首相の目標が指し示す道筋) »

コメント

似たようなことはよく思いますね。

私は、政府の政治思想の基本は、国際政治にあると思っているので、その意味での対外的な態度としての政治思想の分類はrealismかliberalism、それからどちらでもないconstructionismがあって、そこから派生したり裏返ったりしたものだなと理解しています。地方政治も、ある意味ではその延長線上みたいなところにあるのですが、自治体同士で仲が悪くなっても武力抗争まで行かないと信じている人が多いので、そこに差が生まれます。

またそれを、動物行動学で言うところのタカ・ハト分析における進化的安定戦略ともみなしています。これは大変便利な考え方です。

多分、左右の根幹はここにあると思います。
市場主義に対する態度も、究極には対外政治。
相手の出方に対してどのような想像をするかの違いというか。

それが、歴史的に左翼の人間が取り組んできた活動手法(市民団体や革命等)や派生した信条のことを「左翼的」と思われるに到り、今ではそうでもなくなってきているのにレッテルだけは続いてしまっているのかなとか。

日本においては、歴史的に左翼や右翼の社会的役割や存在意義が紆余曲折してしまったために、左翼的なものと右翼的なものというものがたくさん出来てしまって、わけのわからない状態になっていると思います。特に、安保闘争以降、冷戦終結後は、日本人は外交や対外政策という観点があまりありませんので、日本人の政治思想の分類に、左翼・右翼というのは向かなくなってきてしまったのではないでしょうか。

それと、ほんまもんの左翼と右翼に接する機会がないので、理解できないというのもあるでしょうね。


三段論法というよりは、連想ゲームに近いですね。
人間はそんなに論理的に会話してませんから(笑)。

私は自分の政治思想は表明しない思想ですが、リベラルでないことは間違いないですね。

投稿: ぬり | 2009.08.27 10:31

ぬりさん、コメントありがとうございます、って、何日たってると思ってるんだ。触発されてじっくり考えて、別記事を書きましたのでご笑覧いただければ幸いです。

> 三段論法というよりは、連想ゲーム

 いや、まったく(笑)

投稿: dai | 2009.10.09 03:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/46037920

この記事へのトラックバック一覧です: 「左翼」「右翼」という言葉を使うこと自体が詭弁だ:

« 負担と分担 | トップページ | 温暖化ガス排出量25%削減ですか?!(福田・麻生・鳩山首相の目標が指し示す道筋) »