« たとえば、4年後の生存確率50%と聞いたら、私だったらどうする? | トップページ | 「職務を全うしなさい」という言葉が引っかかったわけ »

自然エネルギー発電の基準価格[2008/10]

 2008年10月の石油火力発電燃料代(1kWhあたり)は 10.64円でした。また、同月の欧州市場における二酸化炭素排出量取引価格は 2.04円でした。
 したがって、いわゆる「焚き減らし」価格(私が自然エネルギー発電の基準と考える価格)は 12.68円になります。
 算出根拠については「続き」をご覧ください。

 今月中ごろには IEA が "World Energy Outlook" を出すでしょう。はたしてどのようなレポートになっていることか。

■使用したデータと出典■
[]内が出典
(1) 固定的データ
電力の熱量換算係数: 3.6MJ/kWh[物理的定義]
原油の発熱量: 38.2MJ/L[エネルギー源別標準発熱量表(資源エネルギー庁)]
石油の容量単位換算係数: 159L/bbl[総合エネルギー統計]
原油のCO2排出係数: 0.0684kgCO2/MJ[事業者からの温室効果ガス排出量算定方法ガイドライン(環境省)]

(2) 月別データ・年度別データ
原油価格: 89.916$/bbl[東京工業取引所サウジ産アラビアンヘビー、9月積みDD価格]
CO2価格: 23.875E/t-CO2[ECE 08年12月決済分の9月加重平均価格]
ドル価格: 108.33円/$[税関長公示レート9月平均値]
ユーロ価格: 157.01円/E[同上]
送電端発電効率: 36.5%[暫定値、適切なデータを調査中です]

|

« たとえば、4年後の生存確率50%と聞いたら、私だったらどうする? | トップページ | 「職務を全うしなさい」という言葉が引っかかったわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35133/43018147

この記事へのトラックバック一覧です: 自然エネルギー発電の基準価格[2008/10]:

« たとえば、4年後の生存確率50%と聞いたら、私だったらどうする? | トップページ | 「職務を全うしなさい」という言葉が引っかかったわけ »