« 2006年4月 | トップページ | 2006年9月 »

ピークオイル論に関する議論の整理と自分の立ち位置

ピークオイルに関する議論が急激に高まっている。Webで検索すると興味深い情報が山のように出てくるので、その辺を少し整理しつつ、自分の立ち位置を固めようと思って小論を起こすことにした。

続きを読む "ピークオイル論に関する議論の整理と自分の立ち位置"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

マネーが石油価格を上昇させる一つの可能性

前回の分析の後、「マネー」が石油価格を上昇させる可能性が一つあることに気付きました。
石油関連企業が儲かると判断すると、がその株式を購入する。マネーは株主として短期的利益を強く要求するため、回収に時間のかかる投資(油田・精製)の投資が遅れる。結果的に供給が不足し、価格が上がる。
こういうストーリーはあり得るでしょうし、おそらく程度はともかく実際に影響していることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マネーは石油価格を動かせるか?

1. はじめに

 昨今、石油価格の急騰が話題となっている。その原因として需給構造要因があるだろうというのが多くの方の見方であろう。たとえば2006年5月に経済産業省がまとめた「新・国家エネルギー戦略
では1999年以降の価格上昇を「構造的な需給逼迫」と捉えている。
 一方、石油市場に流入したマネー(投機的に動く資金のことを本論ではこう呼ぶことにする)が原因で必要以上に価格が上昇しているという意見もある。構造要因プラス投機的要因、という見方だ。

続きを読む "マネーは石油価格を動かせるか?"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年9月 »